外遊びで砂にお絵かきをしている




アウトドア

外遊びたくさんした子のメリットは?最新研究からわかった3つのこと

子どもに外遊びがいいて聞くけど、どんなメリットがあるんですか?

外遊びは子どもにとって良いことばかりなんです!
今日は外遊びのメリットについてお伝えします

なんとなく子どもにいいと分かっている外遊び。

実はちゃんとした根拠が調査でわかっているんです!

この記事を読めば、どれだけ外遊びが良いことづくめかわかります☺️

外遊び3つのメリット

身体能力と五感の向上

身体能力の向上

全身を使って行う外遊びは、身体能力と体力が向上します。

その理由は、指の先から足の先まで全てを使って遊ぶからです。

10歳で行う体力テストにおいて、幼児期に外遊びをよくしていた児童は、合計点数が高い結果になっています。

出典:体力・運動能力調査(スポーツ庁)

 

五感の向上

青い空、白い雲。

鳥の鳴き声や草花のにおい。

土や生き物を触る感触。

外遊びには家にはない五感を育む要素がたくさんあります。

虫取りやトカゲ取り

小学校ではトカゲ取りが流行っています

 

認知・非認知能力の向上

認知能力の向上

運動は脳の多くの領域を使用します。

外遊びには、状況判断や予測などの思考判断が必要で、脳の運動制御機能や知的機能の発達に有効です。

いわゆる知育にも効果ありです!

出典:幼児期運動指針(文部科学省)

非認知能力の向上

成功体験はもちろん、失敗してもがんばったり、時には諦めたり。

発想力や集中力、他人とうまく関わる力や感情をコントロールする力でもある非認知能力が向上します。

感情的にならずにボタンを押せるかの実験で、外遊びをたくさんしていた子どもたちの方が良い結果が出てきます。

出典:昭和薬科大学の吉永先生(GONOGO測定)

 

太陽を浴びて生活リズムが整い健康になる

成長に必要なビタミンD

ビタミンDは骨を強くし、免疫力もアップする子どもに不可欠な栄養素です。

外遊びで日光を浴びて、紫外線がビタミンDを作ります。

厚生労働省によると、1日に必要なビタミンDの量は15μg。

食品から取れる目安は5.5μgなので、足りない10μgは太陽から作りましょう!

1日に必要な日光浴時間は、夏であれば15分〜30分です。

生活のリズムが整い、安眠とイライラ防止につながる

外遊びで体を使い、太陽の光を浴びることで自然と夜に眠くなります。

太陽光は眠りのホルモン「メラトニン」を夜に分泌してくれます。

また、メラトニンの元となるセロトニンは、精神の安定にも関係しています。

なんとなくイライラしている、集中力が不足している・・・などはセロトニン不足であることがわかっています。

出典:日本体育大学の野井先生

 

外遊び時間の目安

1日60分以上が目安です。(文部科学省:幼児期運動指針

40%以上の幼児が外遊びを1日1時間していないそうです。

ただ、天候などの影響でお外に行けないこともあるので、屋内を含めて体を動かす目安と考えましょう!

遊具で遊んでいるところ

遊具のある公園も楽しいですね

 

まとめ

・外遊び3つのメリット:身体能力と五感の向上、認知・非認知能力の向上、生活リズムが整い健康になる

・外遊び時間の目安:1日60分以上

日本医師会、日本小児科医会は、「遊びは子どもの主食です」と言っています。

外遊びは子どもに必要不可欠な要素であることがわかりました。

水分補給などに気をつけながら、たくさん外遊びしましょう!

 

子どもに関する人気記事はこちらもどうぞ!

妊婦ママ無料プレゼント
妊婦ママ全員無料プレゼント&キャンペーンまとめ【2021年最新】

続きを見る

土屋鞄ランドセルを背負っている娘
土屋鞄のランドセルは悪い?口コミとデメリットまとめ【2021】

続きを見る

普段の飲み物ルイボスティー
ルイボスティーを子供に!1人から5人目まで10年飲んだ結果まとめ

続きを見る

-アウトドア
-,

© 2021 ごそだてブログ Powered by AFFINGER5