子供が自転車練習をしているところ




1・2・3歳

失敗しない子供の自転車練習!簡単2ステップで3歳から乗れる方法

自転車の練習をしたいのですが、おすすめの方法はありますか?

我が家の子どもたちが乗れるようになったおすすめの方法を紹介します!

こんな方におすすめ

  • 子どもの自転車の練習がしたいがやり方がわからない
  • 早く乗れるようになる方法が知りたい
  • 練習する場所はどんなところが良いのか教えて欲しい

今や生活必需品と言っていいくらい普及している自転車。

お子さんに乗れるようになって欲しい親御さんは多いですよね。

そこで今回は3〜4歳で自転車に乗れるようになった我が家の練習方法を紹介します☺️

この記事を読めば、自転車の練習方法はバッチリです✨

練習を始める前に

自転車が子どもに合っているのか確認しましょう!

体に合わない自転車では、いくら練習しても乗ることができません💦

こんなところをチェック

  • お尻がしっかりサドルに乗っている
  • 座った状態で地面に両足がしっかりついている
  • 両手がハンドルに届き、しっかり握れている

安全のためにヘルメットは必ず着用しましょう!

ヘルメットをまだ買っていない方はこちらの記事も参考にしてください☺️

ナットケースのレディバグ
赤ちゃんの自転車ヘルメットはこれ!8年間使えた最強コスパの逸品

続きを見る

 

また、長袖・長ズボンだと転んだ時の怪我が和らぎます。

心配な方は膝当てや肘当てなどもあります。

 

自転車の練習方法!簡単2ステップ

1.ペダルを外して足で蹴る練習

いきなりべダルを漕いでの練習はNG

バランスが取れない状態でいくら漕いでも、転んで失敗してしまいます💦

第1ステップは、足蹴りでバランス感覚を覚えることです☺️

おすすめはストライダーなどのペダルなしの足蹴りバイクで練習!

本当にあっという間に自転車に乗れるようになります。

うちの子たちは2〜3歳でストライダーデビューし、長男は3歳、次女は4歳で補助なしに乗れるようになっています!

こちらの記事も参考にどうぞ😊

長男2歳の誕生日プレゼントにストライダー
ストライダーの乗り方を知りたい方必見!子供4人が乗れた方法まとめ

続きを見る

 

足蹴りバイクがご自宅にない場合は、自転車屋さんでペダルや補助輪を外してもらいましょう。

なだらかな坂道がある場所が練習場所としては最適!

足蹴りで進んで足を上げられるようになったり、ハンドル操作ができるようになれば第2ステップに進みましょう👍

 

2.自分で自転車を漕ぐ練習

ペダルを戻して自分で漕がせてみましょう!

ここでのポイントは、自転車を大人が持たないことです。

自転車が重くなって、ペダルを踏み込むのが大変になってしまいます。

怖がる場合は、背中を支えたり体を持ってあげましょう☺️

両足がつく状態なので、意外と怖がらずにいけますよ👍

 

乗れるようになった後の注意点

自転車を使うルールを子どもと決めましょう!

通っている小学校では、3年生で交通安全教室があり、自転車について学びます。

我が家では小3までは親と一緒でないと乗ってはいけないルールです。

 

まとめ

・練習を始める前に:自転車のサイズが子どもに合っているか確認しましょう

・自転車の練習方法2ステップ:ペダルを外して足蹴りの練習→自分で自転車を漕ぐ練習

・乗れるようになった後の注意点:お家で自転車のルールを決める

子供が自転車練習をしているところ

両足が地面につく状態

練習を始める前に、子どもに合ったサイズの自転車かチェックしましょう!

練習方法は2つ!足蹴りでバランスを取れるようになったら、自分で漕ぐ練習をしましょう。

おすすめの練習場所は、なだらかな坂道が続いている場所です。

乗れるようになったら、子どもはハイテンションで乗りたがります。笑

「ここまでは行っていい」「これはやってはいけない」など、お家で自転車のルール作りができるといいですね☺️

子どもと一緒にサイクリングもとっても楽しいのでおすすめです✨

 

子供に関する人気の記事はこちら!

小学生が手を繋いで通学しているところ
子育て費用シミュレーション!失敗しないライフプランを設計する方法

続きを見る

普段の飲み物ルイボスティー
ルイボスティーを子供に!1人から5人目まで10年飲んだ結果まとめ

続きを見る

-1・2・3歳
-, ,

© 2021 ごそだてブログ Powered by AFFINGER5