赤ちゃんのぷにぷにほっぺ




0歳

赤ちゃんのぷにぷに肌を守る3つの方法!水分80%ほっぺを守るには

赤ちゃんのぷにぷにほっぺが可愛すぎる!どうしてこんなにぷくぷくなんですか?

赤ちゃんのほっぺ、癒しですよね☺️そのぷにぷにには秘密があります!

ぷくぷく可愛いほっぺは、赤ちゃんの体に秘密があります!

この記事を読めば、ぷにぷにの秘密と維持する秘訣が分かります✨

赤ちゃんの肌がぷにぷにな理由

水分量が多く、汗腺が多い

体内水分含有量が新生児は約80%、乳児でも約70%(成人は60%)。

つまり赤ちゃんの時期は体の7〜8割が水分なんです。

さらに赤ちゃんの体に大人と同じ数の汗腺があり、汗でいつも潤っている印象を与えます。

新陳代謝も活発で、肌トラブルが解決しやすいのも要因です!

出典:「ヨミドクター」読売新聞の医療・健康・介護サイト

 

赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の半分

赤ちゃんの表皮は0.1mm程度。

小学生になると大人と同じ0.2mmになります。

 

皮下脂肪が厚い

皮下脂肪の厚さは乳児は6.3mm、10~13歳は4.5mm、23歳以降は3.6mmです。

皮下脂肪が多く、皮膚が薄いのがぷにぷにを感じる要因です☺️

出典;2020年1月25日(土)朝日新聞朝刊

赤ちゃんのぷにぷにほっぺ

ぷにぷにほっぺ最高にかわいい😍

 

ぷにぷにを維持する方法

水分補給

汗腺が多いということは汗をたくさんかきます💦

赤ちゃんは大人の約2~3倍ほどの汗をかくと言われています。

さらに乳幼児は腎臓で尿を濃縮して、尿を少なくする働きが大人に比べて未熟なため、大人よりも尿が多くなります

こまめに水分補給をしましょう!

出典:「ヨミドクター」読売新聞の医療・健康・介護サイト

あわせて読みたい!

幼児が熱中症対策の帽子をかぶって水遊びをしている様子
子どもを熱中症から守りたいママへ【2020最新】対策とグッズ3選

続きを見る

清潔な肌をキープ

1日1回はベビー石鹸やボディーソープで洗いましょう!

ガーゼやスポンジなどを使って、優しく丁寧にがおすすめです。

我が家は肌を傷つけないように爪を切った指で洗っています☺️

水分を拭き取る際は、皮膚が薄いため優しくポンポンと拭きましょう。

 

保湿

皮膚科へ相談し処方された薬を使うのが間違い無いです。

スキンケアグッズはたくさんあって迷っちゃうし、ネットも情報があり過ぎます。

きちんと専門の先生に子どもの肌を見てもらい、処方された薬を使用するのがベスト!

我が家はヒルドイドを使っています☺️

 

まとめ

・赤ちゃんの肌がぷにぷにな理由:水分量が多く、汗腺が多い。皮膚が薄い上に皮下脂肪が厚い。

・ぷにぷにを維持する方法:水分補給、清潔な肌をキープして保湿を行う。

赤ちゃんの可愛すぎるぷにぷにには、皮膚の水分量と、皮膚の厚さ、皮下脂肪に秘密がありました。

体の70%〜80%が水分で汗っかきな赤ちゃん。

水分補給とスキンケアを行い、ぷくぷく肌を守りましょう☺️

 

赤ちゃんに関する人気記事はこちらもどうぞ!

メンタルリープで泣いている赤ちゃん
メンタルリープの計算方法【2021最新】嘘?本当?口コミと注意点

続きを見る

パパとお腹を密着させて寝る新生児
背中スイッチいつからいつまで?【2021最新】対策と攻略法まとめ

続きを見る

-0歳
-, ,

© 2021 ごそだてブログ Powered by AFFINGER5